文房具にハマろうよ JOIN US STATIONERY HOLIC

ノートで手作り手帳 バレットジャーナル

シールフレークを使った秋色の『ありがとうダイアリー』ページを作ろう

投稿日:2021年9月6日 更新日:

こんにちは!今回の投稿を担当するSatoko (satohom.39) です。

「ありがとう」という気持ちってすごく大切ですが、日々を過ごしていると「当たり前」と思ってしまって、ついついその気持ちが薄くなってしまっていることって多いですよね。今回は1日1ありがとうを書いていく「ありがとうダイアリー」ページの作り方をご紹介。

秋なので立秋色のシールを使って、秋色に仕上げていきますよ!

今日使った文具

秋色のページにしたかったので、今回はメインで

カミオジャパン 季節の色見本帖シールフレーク:立秋色

を使用していきました!春夏秋冬全部で8種類あるシリーズで、日本の伝統色を楽しめるトレーシング素材のフレークシール。絶妙な色合いがとっても素敵なんです。

ペンは、トンボ鉛筆のABT985筆之助(しっかり仕立て・黒)を使用。ノートはHmmm!? エディタブルノート B6サイズライトネイビーを使用しました。

作り方1:枠線を書く

まずは30日分の枠を描いていきます。鉛筆等で下書きをしたら、私は筆之助を使って線を書きました。1日分の枠は縦3列分、横7列分の大きさで書くと、B6サイズのノートにはぴったりでした。

作り方2:シールを切って貼る

シールは直径1.5cm。今回は半円型を貼っていきたいのですが、少しだけ真ん中を残して切るとちょうど良いサイズになりました!全部で9色あるので、順番に貼っていきました。

計算を間違えてブルー系2色が途中1色になっちゃいました笑 でもそれも手作りのページだからこその良さかなと思います!シールを貼るだけでもすごい可愛いですよね。

作り方3:日付を書く

シールが全部貼れたら、シールの上に日付を書き入れます。筆之助は水性のペン。乾けば文字は擦れないのですが書いた直後はインクが少し弾いた感じになっているので擦らないように注意が必要です。心配な場合は、油性インクを使用して日付を書くのをおすすめします!

それを分かっていて注意しながら書いていたにも関わらず・・・

見事にここだけ乾く前に触ってしまい、数字が擦れてしまいました!!

注意しながら書く必要はありますが、筆ペンで書くと線の強弱が出しやすく、可愛い雰囲気の文字になって私はお気に入りです!

作り方4:タイトルを書く

最後に、ページ上部にタイトルを書いたら完成です!私は<1日1つ 今日のありがとう♡>とタイトルをつけてみましたが、シンプルに『ありがとうダイアリー』や『Thankful (Thank you) Diary』でも良いと思います!

書く時のポイント

日々ありがとうと思ったことを書いていく「ありがとうダイアリー」。文の最後に「ありがとう♡」や「ありがたい♡」という言葉を書くのが私の最大のポイント!これを書くだけで、「ありがとう」の気持ちが、より大きくなりますよ!

是非チャレンジしてみてくださいね!

動画もご覧いただけます


-ノートで手作り手帳, バレットジャーナル
-, , ,

この記事をシェアする


メディア掲載などのお問い合わせはこちらのメールフォームよりどうぞ

→お問い合わせフォーム