文房具にハマろうよ JOIN US STATIONERY HOLIC

手帳・文房具エトセトラ

手帳に小さく書きたい人の『激細ボールペン比較』

投稿日:


今回は『激細ボールペン比較』をしてみました。
筆者の愛用はPILOT Juice up なのですが、他にも激細ボールペンがあるので書き比べたくてかき集めてみました!
一番下のオートスリムライン以外はゲルインクボールペンです。

ペン先の形状について


比較レビューの前にペン先の形状の専門用語の説明です。

●コーンチップ
一般的なボールペンはこのタイプ。三角形の様な形ですね。インクフローが良いです。

●ニードルチップ(パイプチップとも呼ばれます)
ペン先が細~いタイプ。書くときに文字が見やすく、細字で書くのに向いています。

●シナジーチップ
コーンとニードルを合わせた様な形。PILOTが新開発したJuice upのペン先です。
インクフローもよくて、細字でなめらかに書けます。

比較レビュー 


PILOT Juice up 0.3
・シナジーチップ
・ノック式
ペン先の形状が独特の形で細いのにインクフローが良くスルスル書けます。シンプルな見た目が好印象です。

●PILOT HI-TEC-C 0.25
・ニードルチップ
・キャップ式
この9本の中でゲルインクボールペンに絞ればこの中で一番細いです。

●PILOT HI-TEC-C 0.3
・ニードルチップ
・キャップ式
0.3表記の中でマイカと並んで一番細く書けます。

●PILOT HI-TEC-C maica 0.3
・ニードルチップ
・キャップ式
0.3表記の中でノーマルのハイテックと並んで一番細く書けます。

●uni-ball SigNo DX 0.28
・コーンチップ
・キャップ式
0.28表記ですが、ハイテック0.3より太く感じます。ラバーグリップがあり持ち心地がいいです。

●uni-ball SigNo RT1 0.28
・コーンチップ
・ノック式
0.28表記ですが、ハイテック0.3より太く感じます。真っ黒のボディでノック式なのが好印象です。

●ZEBRA SARASA CLIP 0.3
・コーンチップ
・ノック式
インクがたっぷり出る印象でジュースアップより少し太く感じます。ラバーグリップがあり持ち心地がいいです。クリップが洗濯バサミのように開くことが出来る形状。

●Pentel ENER GEL 0.3
・ニードルチップ
・ノック式
この9本の中で一番太く、一番インク色が黒いのがぺんてるのエナージェル。

●OHTO Slim Line 0.3
・ニードルチップ
・ノック式
9本中、唯一の油性ボールペン。この9本の中で一番細いのがオートのスリムライン。ペンの見た目に高級感があります。ボディが細くちょっと持ちにくいですが、手帳と一緒に携帯して持ち歩くのにスリムで良いです。


5mmドット方眼に書いてみました。わずか数ミリの文字が書けるってすごいですね~。
ゲルインクボールペンの中で一番細く感じたのがハイテックC 0.25です(^^)ほっそほそ。
オートスリムラインは油性ボールペンなのに細っ!!!!です。


お好みのボールペンは見つかりましたか?
比較してみて、やっぱり私はジュースアップが見た目も細さ具合も好きだなぁと感じました。
でもハイテックC 0.25のほっそほそな書き味は書いていて楽しかったです~。
→ハイテックC0.25 10本セット


-手帳・文房具エトセトラ
-, ,

この記事をシェアする

メディア掲載などのお問い合わせはこちらのメールフォームよりどうぞ

→お問い合わせフォーム