文房具にハマろうよ JOIN US STATIONERY HOLIC

文房具使ってみました

【キャンペーンは終了しました】【期間限定特典あり】ラベルプリンターで顔トラッカー

投稿日:2020年2月3日 更新日:

今回はテプラLiteを使って顔トラッカーをプリントしてみました。

顔トラッカー画像は↓こちらで期間限定配布中!お見逃しなく!

2020年2月3日~2月4日まで!
期間限定で顔トラッカー画像配布中!
【キャンペーンは終了しました】

キャンペーン期間終了のため顔トラッカー画像は削除いたしました。
たくさんのダウンロードありがとうございました!

顔トラッカー画像の使用許諾条件

ダウンロードする前に、必ず下記の条件をお読みください。
ダウンロードされた時点で、下記使用条件をご承諾いただいたものといたします。
ご承諾いただけない場合はすみやかに画像を破棄してください。

【使用許諾条件】

・本ページ、および「著作権・使用許諾条件・掲示責任者の表示」として本ページへのリンクを持つページの著作権は、日本国の法令ならびに国際条約に基づいて保護されています。
・ダウンロードできる画像の著作権は有限会社ワキに帰属します。
・ダウンロードした画像はテプラLiteのご利用のみに限らせていただきます。
・営利目的での使用、複製、加工、転載、販売、再配布は一切禁止致します。
・ダウンロードした画像の使用に関連してお客様に直接的または間接的に発生する一切の損害(ハードウェア、ソフトウェアの破損、不具合等を含む。また、通常損害、特別損害、結果損害を問わない)および第三者からなされる請求について、有限会社ワキはその責任を一切負いません。また、ダウンロードできない場合や、使用できない事により発生する一切の損害および第三者からなされる請求についても同様に、有限会社ワキはその責任を一切負いません。
・画像は、予告せず改良、変更、掲載の中止をすることがあります。

顔トラッカーの印刷方法

テプラLiteはこんな感じ。とってもシンプルな外観です。
横の蓋を開けるとテープが入っています。

印刷は『TEPLA Lite』アプリで出来ます。
→App Store
→Google play

新規作成で自由にラベルを作成できます。

【写真】→【ライブラリ】と進み、スマホに保存した顔トラッカー画像を選択します。

緑の枠を調節し、【ラベルへ挿入】を押します。

テプラ本体の電源をONにし、【プリント】ボタンで印刷が始まります。

接続はBluetoothです。

印刷はとても早かったです。

本体のはさみマークのボタンでカットできます。

作ったデータは【保存】ボタンで残しておきましょう。

他の画像もどんどん印刷してみます。

と、ここで!緊急事態発生!

あれ?なんで?

はじめにプリントした画像もくっついてきちゃった(^_^;)

画像をふたつ並べて配置しちゃってたようです。

左上の赤丸のバツ印ではじめの画像を削除しましょう。

右側の画像をずらして配置させました。
これでOK!

印刷の調整ができます。
左のレバーを調整して右下の小さいプレビュー画像で確認します。
上記の写真のように設定すると濃い目に印刷できました。

保存したファイルはここから見れます。

一覧で見るとなんだかサイズがバラバラでした(^_^;)
ラベルに画像を挿入する前の『緑の枠』で選択する時の加減で、小さいのと大きいのが出来たみたいですね。
まぁ、私はちょっと不揃いでもあんまり気にしない人なのですが、気になる方は緑の枠の加減をご注意くださいませ。

こんな感じでたくさんプリントできました。

ノートに貼ってみます

使ったノートはMDノート 新書サイズ 無罫タイプ

ペタッとそのまま貼ってみました。

マスにマイルドライナーで色を塗ってみました。

インクが吸収しにくく乾きが遅いのでご注意ください。
マイルドライナーでタプタプに塗ると全然乾かない~(T_T)

と、いうわけでティッシュオフ。

普段使いのノートや手帳の片隅に貼ると、習慣づけたい物事への意識が高まりますね。

こんな風に小さく切って貼るとプチシールみたいですね。
手と吹き出しをつけると可愛い~♪

ピンクのマーカーでほっぺをちょんちょんとすると更にキュート♪

テプラLiteは手のひらサイズです。
机にちょこんと置いておけるのがいいですね。

実はこのテプラライトで初めて『テプラ』という商品を使いました。
今までラベル印刷に特に興味なかったワタクシですが、実際に作ってみると楽しいんですね~。
お名前シールとか、日付シールとか色々活用できそうですね。

みなさんもぜひお試しくださいませ♪

→テプラLiteの詳細はこちらからどうぞ


-文房具使ってみました
-, , , ,

この記事をシェアする

メディア掲載などのお問い合わせはこちらのメールフォームよりどうぞ

→お問い合わせフォーム