文房具にハマろうよ JOIN US STATIONERY HOLIC

手帳・文具エトセトラ

2022年の手帳先取り!MY INKリストをかわいくアレンジ

投稿日:

こんにちは!今回の投稿を担当するSatoko (satohom.39) です。

今回はなんと【2022年のJS Diary】に新しく追加される巻末ページを先取りでご紹介!!
その1つが【MY INK】ページなんです。まだ手帳が完成していないのでレイアウトを印刷した紙を使っています。

INKとあるので万年筆インク等の色見本で使って頂けるページなんですが、もちろんインクを持ってない方もいらっしゃるはず。

そんな方でも楽しくページを活用する方法を今日はご紹介していきます!

インクの代わりに使うのは・・・マーカー!今日はトンボ鉛筆のABTを使用していきますが、もちろんお持ちのマーカーなんでもOK。

マーカーってキャップの色と実際のインクの色が若干違うということ、結構ありませんか?そんな時色見本を作っておくと便利なんですが、手帳の中にイチから色見本ページを作るは実は時間がかかります。そんな時に活躍するのがこの【MY INK】ページ!

でも今日はただペンの色を塗っていくだけではなく、簡単なのに可愛いプラスワンアイディアの色見本ページの作り方をご紹介します。

プラスワンアイディアで使用するのが、この水筆!水筆の後ろに見えるのはパレットで使用するんですが、こちらはいらないクリアファイルを適度な大きさに切ったもの。クリアファイルでなくてもプラスチックだったら大丈夫なので、例えば定規なんかでもOKですよ。

まずは用意したクリアファイルパレットに、ほんの少しで大丈夫なのでインクで色をのせます。ABTは筆芯と細芯がありますが、筆芯側を使って色をのせると楽ですよ。

そうしたら、今度は水筆でインクを取っていきます。パレットの上にある絵具を筆でとるようなイメージです!

【MY INK】ページにはインクの色を塗る点線の丸がありますので、その中に水筆で小さな円を描きます。この時、写真のように中心は白く残しておきましょう。

水筆でインクを取ると、インクに水が混ざるのでもとのペンのインクの色よりも若干薄くなりますので、実際の色がどんな色かもわかるように写真のようにペンからも直接線等を描いておくのがおすすめ。後は、色の名称(ABTは名称が番号なので番号を書いています)を書き足しましょう。

【MY INK】ページは12個欄がありますので、今回はピンク系を番号順にして12個同じように描いていきました。

最後に仕上げです!水筆で書いた円の中心に黒いペン(今回使用したのはトンボ鉛筆 筆之助 しっかり仕立て)で小さくドットを描いて、円の下に茎と葉っぱを描き足します!

これであっという間にお花の完成!!この描き方、ものすごい簡単なんですがとても可愛いのでオススメです。

今回使用しているのはABTのみなので【MY INK】というページタイトルの下に ABT と書いたら・・・

こんな感じで完成です!!

ピンク系だったのでお花柄にしましたが、例えばブルーやグリーン系ならば同じ水筆を使った描き方で

葉っぱを描いてもとっても素敵なページに仕上がりますよ!!

いかがでしたか?今回は一足お先に【2022年のJS Diary】から新しく加わるページの1つ【MY INK】ページの活用方法をお届けしました。

まだ発売日は決まっておりませんが楽しみに待っていてくださいね!


-手帳・文具エトセトラ
-, ,

この記事をシェアする


メディア掲載などのお問い合わせはこちらのメールフォームよりどうぞ

→お問い合わせフォーム