文房具にハマろうよ JOIN US STATIONERY HOLIC

バレットジャーナル 手帳活用・手帳術

プチメモ術から始めるバレットジャーナル

投稿日:2019年5月7日 更新日:

今回はプチメモ術です。メモの左のマークの付け方で内容を分ける方法。

・(ドット)・・・やらなきゃいけないこと

○(サークル)・・・経験すること、経験したこと

―(ダッシュ)・・・忘れたくないこと

お気付きの人もいらっしゃると思いますが、実はこちらはバレットジャーナルのラピッドロギングの方法の一部なんです。

マークはそれぞれ以下のように、
・(ドット)は『タスク』と呼びます。
○(サークル)は『イベント』と呼びます。
―(ダッシュ)は『メモ』と呼びます。

ゴミを出す、洗濯、断捨離などはやらなきゃいけないことなのでタスク。
食べたものは経験したことなのでイベント。
あさがおの発芽が今日だよって覚えておきたいのでメモ。

そんな感じで、仕事や出来事を分けて書くと、後から読み返した時にとっても見やすいですよ。

ラピッドロギングはマーク部分に印をつけてタスク管理や思考の整理ができる方法です。さらにメモ術・ノート術を深めたいなら以下の特集記事もおすすめです。

使った文房具たち

日付部分に使ったのはマークスの日付柄マスキングテープ
日付の間にミシン目があるのでピリピリっときれいに切り取れるのがとっても便利です。
水性ペンでも書ける素材なので、今回は水性顔料のジュースアップ0.4ブラックで文字を書いています。愛用ペンが使えるのはとても嬉しいですね。
使ったノートはミドリMDノート文庫サイズ横罫です。

メモの前にちょこっと付けるだけのプチメモ術。
ぜひお試しくださいね(^^)


 

バレットジャーナルは株式会社平和堂の登録商標です。

-バレットジャーナル, 手帳活用・手帳術
-, , , , , ,

この記事をシェアする

メディア掲載などのお問い合わせはこちらのメールフォームよりどうぞ

→お問い合わせフォーム