文房具にハマろうよ JOIN US STATIONERY HOLIC

文具レビュー

エルバンのガラスペンで書いてみよう!使い方や注意点もご紹介

投稿日:2021年3月22日 更新日:

こんにちは!今回の投稿を担当するSatoko (satohom.39) です。

最近いろんなガラスペンを見かけるようになりましたが、ガラスペンってインテリアとして眺めているだけでもとってもキレイですよね!今日はフランスの老舗ブランド、エルバンが作っているハンドメイドのガラスペンをご紹介していきます。

こちらが、フランスの老舗ブランド、エルバン(J.Herbin)がハンドメイドで作っているガラスペン、「つむぎ」です。こちらは4色展開で、この色は「サーブル」。あとはブルー、ターコイズ、コーラルもあります。

下の方がぽってっとして、あとはシュッと長いデザインがとっても素敵!

ちなみにペン全体の長さは18cmほど。

今日はガラスペンの「サーブル」の色合いに合う、同じくエルバンのインク「ビルマの琥珀(Ambre de birmanie)」で書き心地やインクの量と書ける量をみていきたいと思います。

今回は、MDノート(文庫サイズ・無罫)に書きます。またガラスペンで書く時はインクを洗う用の水(今回は小さな小瓶に水を入れています)と余分なインクや洗った後のペン先を拭く用にティッシュ(キッチンペーパーでも!)を用意してくださいね。

インクの付け方と注意点

ガラスペンはペン先に溝がいくつかついていて、その溝にインクが入って書ける仕組みになっています。

インクをつける時は直接インク瓶に入れますが、この時勢いをつけすぎると瓶のそこにペン先が当たってしまったりして、ペン先破損の原因になりますので、瓶に当たらないように注意してくださいね!

また、もし「あれ?ちょっとインクつけすぎた?」という時は、瓶の縁でインクを拭うのではなく(これもペン先の破損の原因になりかねません!)用意していたティッシュ等にちょんっとペン先をつけるだけでインクを吸ってくれますので、それで調整してみてください。

洗い方と注意点

ガラスペンを洗うのはとっても簡単!水でさっとインクが落ちます。ただ、ここでも注意が必要!

そう、ガラスペンはペン先がとっても細くて繊細なんです!

インクをつける時同様に、ガラスペンを筆のように何も考えず洗ってしまうとペン先が水入れている容器(とくに硬い容器に水を入れている際は要注意!)にあたらないようにそっと洗ってください。水の中にペン先全体を入れたら少し揺らすくらいでキレイにインクは落ちますよ。

水でキレイにしたら、ペン先の余分な水分を拭うのについつい瓶の縁を使いたくなりますが使わないで!!これもペン先破損につながりかねません。余分な水分は用意していたティッシュ等で優しく拭ってくださいね。

ガラスペンで書いてみよう

では、早速ガラスペンで書いてみます!「ガラス」なので、初めてガラスペンで書く時は「どんな書き心地なんだろう?ちょっとガリガリしないのかな?」と思ったりするんですが、とっても柔らかく滑るような本当になんとも言えない幸せな気分になる書き心地なんです!

ちなみにこちらが今回使用するエルバンの「ビルマの琥珀」というインクなんですが、この琥珀色がとっても素敵で私のお気に入り。キレイですよね〜。ガラスペンで書くと色の濃淡が絶妙で書いている時もなんですが、書き終わった文字を見るだけでもうっとりとした気分になります。

今日は、1回のインクでどれくらい書けるのかをみていきます!思った以上の行数が書けるのもガラスペンのびっくりするところ。今回は、インク瓶に2回つけてどれだけ書けるかを試してみます!

ここで書く時の「コツ」を!

エルバンのこのガラスペンは1本1本手作りのためひとつひとつ特有の筆記角度があって、場所によってはガリガリした感じの書き心地になってしまいます。軸を少しずつ回転させながら書きやすい角度を見つけてくださいね!「ここ!」という角度では本当に滑らかに書けますよ。

そして、ペンを持つ時は少し立てて書いてみてください。その方がインクが流れやすくなります。またペン先全ての溝にインクが入ってますのでインクが薄くなってきたな〜と感じたらそれは、その角度で使ってるインク溝のインクがなくなっている証拠なので、ペンを少し回転させて別の溝のインクを使って書くというのを繰り返してみてください。

ガラスペンのペン先はインク量が一目瞭然なので、使い切るとこんな感じ(下記写真)にインクが全くなくなるのがちゃんとわかりますよ!

そして、インク2度漬けでどれくらい書けたかというと・・・

これくらい書けました!!なくなってきた時に途中で1度足せば文庫本のページ1ページくらい書けちゃいます。まだ書ける!まだ書ける!というのがガラスペンでびっくりする部分だったりもします♪

下の部分が寂しかったので、今度はインク2度漬けで葉っぱを書いてみました。

下部分全体に葉っぱとドットを書きましたが、これだけ書いてもまだまだ全然ペン先にインクが残ってました!

文字を書くだけでなくて、こういった葉っぱやお花、イラストをガラスペンxインクで描くのもとっても楽しいですよ♪

いかがでしたでしょうか。

本当にうっとりする美しいフォルムももちろんですが、びっくりするくらい滑らかな書き心地、紙にのったインクの濃淡、それをみているだけで気持ちが優しくなります。そして、ペン自体優しく扱わないとと思うと心もリラックスしてきますので、ペンを使って書く時とまた違った素敵な気分で書けること間違いなし!

ガラスペン、少しでも気になっていたら本当に一度この感動を試していただきたいです♪

※収納の際もペン先が欠けないように気をつけましょう。


-文具レビュー

この記事をシェアする


メディア掲載などのお問い合わせはこちらのメールフォームよりどうぞ

→お問い合わせフォーム