HOME > 手帳・ダイアリー > 手帳選びのポイント > 目的別の手帳の選び方

目的別の手帳の選び方

目的によって似合う手帳は様々です。
自分のやりたいことやライフスタイルに合った手帳を選びましょう。

時間管理をしたい

時間枠を作るタテ型

タテ型(バーチカル式)のレイアウトなら時間を枠で捉えられるので、空き時間の把握が一目瞭然です。意外な所にすきま時間が見つかるので時間管理が簡単に出来ますよ。

ToDoやタスクを書き込みたい

ToDoリストがある手帳

予定欄にToDoリストがある手帳を選びましょう。 書く場所が決まっていると把握しやすいですよ。

メモをたくさんかきこみたい

メモやノート欄がある手帳

レフト式は手帳の半分がノートになっているので、予定以外のことを手帳に書きたいなど、メモをたくさんかきこみたい人にオススメのレイアウトです。 巻末のノートページが多いマンスリータイプもあります。

日記を書きたい

4行日記が書ける手帳か日記帳

4行日記が人気です。 たくさん書くのは三日坊主になりがちですが、たった4行なら続けるのが容易。書き足りないと感じたら1日1ページのデイリータイプに乗り換えてみてくださいね。

記録をしたい

1日1ページタイプならたっぷり書ける

1日1ページのデイリータイプなら、毎日たっぷり記録できます。 イラストを交えて絵日記風にするのも人気ですよ。

紙質にこだわりたい

自分のペンに合った紙を採用している手帳を

上等な紙質だからといって、裏移りしないとは限りません。 自分のペンに合った紙を採用している手帳を選びましょう。

目標達成したい

予定と目標を照らし合わせる週間ダイアリー

予定と目標を把握しやすい1週間単位の週間ダイアリーを選びましょう。 週始めに目標を書いて、常に意識しながら予定をこなす事で達成に近付くことができます。

外回りに便利な手帳選び

コンパクト・スリム・軽量

外回りに重い荷物は大変です。 なるべくコンパクト・スリム・軽量な手帳を選びましょう。 月間タイプは紙の枚数が少ないので軽い手帳が揃っており人気が高いです。