HOME > 手帳・ダイアリー > 手帳選びのポイント > 手帳の罫線レイアウトの選び方

手帳の罫線レイアウトの選び方

自分にあった罫線レイアウトがわからない。。。
そんな方のためにレイアウト別でおすすめポイントをまとめました。
予定の多さや、書きたい内容によって罫線レイアウトを選んでみましょう。

レフト式

LEFT

・週単位で予定を把握したい
・打ち合わせ内容など予定以外のことも書きたい
・絵や図も書く

左がスケジュール、右がノートのレイアウト。
ノート部分は横罫や方眼など、メーカーにより様々なバリエーションがあります。普段のメモ書き、TODO、絵や図を書くなど自由に使えるエリアが欲しい人におすすめです。

バーチカル(縦軸)

VERTICAL

・時間単位の予定が多い
・きっちり書きたい
・ビジネス手帳に

縦に時間軸のあるレイアウト。
何時に○○する。という予定が多い人に向いている罫線タイプです。おさえたい時間を枠で囲むと空き時間がひと目でわかります。アポイントの多いビジネスマンや予約管理をするのに便利です。

ホリゾンタル(横軸)

HORIZONTAL

・仕事にもプライベートにも使えるいいバランス
・その日のメモ・日記を書きたい
・サイズが小さめでも書きやすい

1日の欄が横に長いレイアウト。
1日の欄を左右で分け『午前/午後』や『仕事/プライベート』と分けて使うこともできます。手帳サイズが小さくなっても書きやすいタイプ。毎日ちょっとメモしたり、簡単な日記を書きたい人におすすめです。

月間ブロック

MONTHLY BLOCK

・カレンダー式でわかりやすい
・予定が少なめなら
・プライベート手帳に

馴染みあるカレンダー式のレイアウト。
1日の予定が少ない人に向いています。月間ブロックのみの手帳なら薄くて軽く持ち運びも苦になりません。他のレイアウトに月間ブロックが付属している場合、週間はビジネスに、月間はプライベートにと使い分けるのもおすすめです。

月間・年間リスト

MONTHLY / YEAR LIST

・長期の予定管理に
・複数の日程管理がしたい
・土日も関係ない人に

リスト式のレイアウト。
工期の管理など長期の予定に向いています。同時進行の案件があるなど、複数のタスクをこなしたい人におすすめです。

デイリー(1日1ページ)

DAILY

・一日のタスクが多い
・絵・イラスト・日記を書きたい
・カスタマイズが好き

1日1ページのレイアウト。
毎日1ページ分書けるので、書くことが多い人に向いています。 ビジネスで使う場合、日々のタスクを書き出す、バーチカル風の時間管理。プライベートでは絵や日記など。一番柔軟に使えるのがこのレイアウトです。